ネイリストの資格の違い

2016年11月18日 14:09

外でネイリストとして働きたい!という場合、その国に合った資格が必要となります。

ここでは、アメリカやイギリスで活躍するために必要な資格を紹介していきましょう。

アメリカのネイル資格を取得するには?

アメリカでネイリストとして働く場合、ライセンスの所持が必須です。

講習やテストを受ける為には、居住権、もしくはスチューデントVISAがあることが必須条件ですので、注意しましょう。

日本のように、ライセンスを取得するためのスクールがありますので、利用するのが合格の近道ですね。

また、アメリカの場合、州ごとにライセンスが違いますので下調べが必要です。


オーストラリア・イギリスでネイル資格を取得するには?

オーストラリアにはネイルの国家資格があります。

AIBジャパンという代理機関を通すことで、日本に居ながら受験ができますから、あらかじめ国内で資格を手に入れておくとスムーズですね。

ジェル国家資格、サティフィケートⅡ、サティフィケートⅢの3種類を取得することが可能ですが、サロン勤務を目指す場合には最低でもサティフィケートⅡに合格しておきましょう。


日本のネイル資格は世界でもトップレベル!

日本の場合、ネイリスト技能検定という資格があります。

1~3級までありますが、サロンで働くには2級以上の取得しておくことで、面接に受かりやすくなりますよ。

日本のネイル技術は世界でもトップレベルです。

将来は海外で……と考えている方も、まずは日本のネイル検定に合格しておきましょう。

そうすることで、知識や技術が身に付き、どこでも通用できるネイリストとなれるでしょう。

スポンサーリンク